葬祭ディレクターとは

この制度は「葬祭ディレクター技能審査」と言います。葬祭業界に働く人々にとっての必要な知識と技能のレベルを審査し、証明する制度で、 平成8年3月に労働大臣の認定を受けました。葬祭業界に働く人々のより一層の技能の向上を図ることと併せて経済的、社会的地位 の向上を 図ることを目的としています。この制度の実施団体は、「葬祭ディレクター技能審査協会」で、葬祭業界に働く人々の技能振興を目的とし、 営利を目的としない団体として平成8年に発足しました。北米などでは、葬祭業務の社会的重要性と信頼性の向上のために、葬祭業を営むか、 葬祭業界に従事するには「フューネラルディレクター」と呼ばれるライセンス(資格)を取得することが義務づけられておりますが、 我が国ではライセンス取得の義務づけはありませんが、安心と信頼できる葬祭専門業者を選ぶ1つの条件になると思います。